馬プラセンタ 豊富な栄養成分

MENU

プラセンタには多くの栄養成分が含まれているって?

人の体の成長や発達、体や脳を動かすためのエネルギーを作り出したりなど、栄養素は体の健康を維持していくためにはとても重要なものです。

 

胎児を育てるために重要な働きをする哺乳動物の胎盤には、栄養の宝庫と言われるほどのたくさんの栄養成分が含まれているとされています。
そこに注目したのがプラセンタとしての栄養成分なのです。

 

 

この胎盤から抽出した有効成分には、11種類の栄養成分が含まれていて、これだけの栄養成分がバランスよく配合されているものはなかなかありません。
人口的に真似をして作ろうとしても絶妙な配合量は自然の力にはかないません
そのプラセンタに含まれる栄養成分を見ていきましょう。

 

 

成長因子
プラセンタにしか含まれていない成分で、細胞の増殖・分化を促し細胞自体を若返らせる作用があるため、アンチエイジングの効果が期待できます

 

 

アミノ酸
体が作られるために必要な成分で、食べ物から吸収されるアミノ酸よりも、プラセンタに含まれるアミノ酸は吸収力がいいのが特徴です

 

酵素
酵素は消化・代謝の働きがあり、必要なものを適量取り込み、不必要なものを体外に排出して、血液循環などあらゆる働きに欠かせない成分です

 

タンパク質
人間の体を作るために必要な成分で、酵素によってアミノ酸に分解され再結合されることにより、血液・皮膚・骨・筋肉・臓器などの組織を作ります

 

 

核酸
細胞分裂を活性化させたり、傷ついてしまった遺伝子の修復・再生など、体の調子を整えます

 

 

活性ペプチド
アミノ酸がいくつか結合することでできており、細胞の再生や増殖など、生命を維持するために変形を繰り返して体のさまざまなところで必要な働きをします

 

ムコ多糖体
体内に水分を溜めておく働きがあり、細胞の周りに体液を蓄えて細胞と細胞をつなぎ、関節の潤滑油や肌の潤いなどに働きかけます

 

 

ミネラル
血液を作ったり、リンパ液の調整や、筋肉、神経の働きを調整します

 

脂質
角膜・細胞膜・ホルモンなどの細胞を作る原料で、体温を保つことや生きていくために必要なエネルギー源となる成分です

 

糖質
脳や神経などのエネルギー源で、体の構造を維持して身体を動かしたり、頭を働かせるために必要な成分です

 

ビタミン
代謝をスムーズにし、他の栄養素の働きをサポートし、体の健康バランスを整えます

 

これら多くの成分が含まれていて、成分すべてが私たち人間が生きていくうえで重要な成分となっています。

 

馬プラセンタが1番?他の動物の栄養成分より多いとは。

ここで注目すべき点が原材料となる動物の胎盤によって含まれている栄養成分の量が違っているということです。
プラセンタでは馬・豚・羊とありますが1番多く含んでいるとされているのが馬プラセンタなのです。
これには様々な意見があり、馬プラセンタが豚プラセンタに比べて約300倍も多く栄養成分が含まれているという意見もありますが研究などが進み、今では1.5倍豚に比べて馬プラセンタが多く栄養成分を含んでいるとしています。
というのも動物個体そのものが大きさが違います。
つまり馬の胎盤と豚の胎盤の大きさが違うため比較になっていないと考えられています。
よって同じ大きさで比較することで1.5倍という数字が算出されたようです。

 

そんな栄養成分の中で注目するのがアミノ酸量です。
アミノ酸は私たちにとって必要不可欠な成分であり、自分たちの体で作り出すことができない必須アミノ酸がありますが、その必須アミノ酸は何かほかのものから摂取しなくてはなりません。
よって馬プラセンタはその必須アミノ酸もしっかり含んでいるため、私たちが摂取すべき成分を含んでいると考えられます。

 

また馬プラセンタ効果が感じやすいと評判で毎日忙しく、美容や健康が気になるけど、栄養バランスのよい食事もなかなか取れないという人に、これだけの栄養成分が1種類に含まれていて、高純度・高品質・安全性が高いと言われる馬プラセンタサプリは、アンチエイジングの効果を実感したという人にはおすすめできます。
お手軽に摂取することができるサプリを利用することで、年齢によるさまざまな症状の改善にもサポートが期待できるのではないでしょうか。