プラセンタ効果を感じることができないのはなぜ?

プラセンタ効果に期待しながら毎日サプリを摂取している人も多くいるでしょう。
でもそんな愛用者の人たちみんながプラセンタ効果に満足しているとは言えません。
というのも、効果の感じ方は人それぞれなので、必ずしも同じような感じ方をしているとは限りません。
ほんの小さな変化もプラセンタ効果としてとらえている人もいますが、よりはっきりとした変化に期待をもっている人は少なくありません。

 

逆にプラセンタを摂取しているのに、何も変化が起きず残念な結果になってしまっている人はいませんか?
なんで自分はプラセンタ効果を感じることができないのだろうと悩んでいませんか?

 

そこで重要なことがプラセンタ選びです!
プラセンタ選びが間違っていることで、効果を感じることがなかなかできないということが起きてしまうのです。
あなたが選んでいるプラセンタは間違っていないかチェックしてみてください。

 

原材料

プラセンタという言葉に飛びついて実は本当のプラセンタではないのに、プラセンタを名乗っているサプリが多くあります。
プラセンタはトップページでも紹介したように、胎盤という臓器より有効な成分を抽出したものをプラセンタ成分といいます。
ところが近年新しいプラセンタとして仲間入りしているのが、植物性や海洋性といったプラセンタです。
これらには原材料となる胎盤という臓器はもちろんありません。
植物性には胎盤の代わりとなる、胎座から、そして海洋性では胎盤の代わりとなるそのものがありません。

 

ですが植物性でも海洋性でも、新しい命の誕生のために必要な役割を果たしているという点が胎盤と同じという考えから新しいプラセンタとして登場したのです。
確かに動物を原材料にしているプラセンタに抵抗がある人にはおすすめできるプラセンタといえるかもしれません。
しかし胎盤から抽出した有効成分ではないため、体に現れる症状として期待できるものが違います

 

胎盤の有効成分を活用することができるのは、原材料が動物の胎盤を使用している馬・豚・羊・人間の4種類となっています。

 

混ぜ物がなく純度の高さ

プラセンタサプリになるためには有効成分をプラセンタ原末という粉末にします。
その粉末をカプセルに閉じ込めたり錠剤にしてサプリとして販売されていますが、その粉末にプラセンタ成分以外が混ざっているものがあります。
混ぜっている多くは、美容成分や潤い成分などや、中には粉末の量をかさましするために、他の成分が混ざっているということもあるのです。
関係してくるのがプラセンタの含有量というポイントです。
含有量が多いほうが消費者である私たちはしっかり摂取できると信じて選ぶでしょう。
でもここが落とし穴で、含有量が多くても有効成分であるプラセンタ原末が実際少なくても表記していないサプリは分からないということになります。

 

サプリとして自信があるものはしっかりと明記されていますが、されていないものもあり原則絶対明記ではないため罰則もありません。
純度100%と記載があるものをおすすめします。

 

含有量

上記でも少し触れましたが、含有量はサプリに含まれているプラセンタ成分の量のことを言います。
含有量が多いほうがしっかり摂取できると考えられます。
日本薬学会の発表の中では300〜500mgといわれていますが、プラセンタサプリの販売側は100mgでも十分という見解で、すこしずれがあります。
多くのサプリは1日200mg前後が摂取できるような飲み方の目安を提案しています。

 

極端に少ない含有量であるサプリはほとんどありませんが、中には1回に数粒摂取して1日分と計算するサプリもありますので、選ぶときにチェックをしましょう。

 

有効成分が壊れていない抽出方法

抽出方法とはサプリの品質に関係する重要なポイントとなる工程の一つです。
動物の胎盤を原材料としているため、消毒や滅菌などは必須となります。
そのたびに熱を利用して行うものがほとんどですが、この熱がプラセンタの有効成分には大敵となり、有効成分が壊れてしまいます。
有効成分となる栄養素を壊さずに抽出できる方法で作られたサプリがおすすめです。

 

いくつかある抽出方法ですが、熱の代わりになる酵素を用いて抽出する方法が最も有効成分を抽出できるといわれています。
抽出方法には手間と時間がかかりコスパが高くなってしまうというデメリットもあり、それがサプリの値段へと反映されてしまいます。
しかし有効成分がしっかり残っているサプリを摂取するためには見逃せないチェックポイントとなるでしょう。

 

以上4つのポイントをチェックして選ぶことで今まで効果を感じることができなかった人もできるようになるかもしれません。

 

まだあった!プラセンタ効果を感じるための秘訣とは

選ぶ段階でのチェックポイントはこれだけではありません。
あくまでも自分に合うプラセンタサプリを継続的に飲み続けることが必要となります。

 

そのためには、サプリを購入し続けなくてはなりません。
経済的な問題も関係してくるので、自分のお財布と相談も必要かもしれません。
価格が高いプラセンタサプリが必ず効果を感じることができるサプリというわけではありません。
価格だけでプラセンタサプリを選ぶのではなく、見極めることが大事です。

 

また原材料の中でも記載したように、現在プラセンタ市場には馬プラセンタ・豚プラセンタ・羊プラセンタが流通しています。
国内では馬プラセンタ・豚プラセンタの2種類が大きく占めています。
2つを比べても大きく違う点はありません。

 

しかしながら安全性を含め、今は馬プラセンタサプリのほうが効果を感じることができると評判で人気があります。
馬プラセンタであっても、豚プラセンタであっても感じ方は個人差があるためすぐに感じる人、じっくり時間がかかる人とそれぞれがいます。
最低でも3か月ぐらいは続けてみましょう。
何も変化が表れないようなら、もしかしたらそのプラセンタサプリはあっていないのかもしれません。


トップページ ランキング おすすめサプリ