プラセンタに品質の決め手は抽出方法?

原材料である胎盤が馬であっても、豚であってもその含まれているプラセンタ成分の品質が粗悪なものでは、期待できないでしょう。
高品質と見極めるための1つとして抽出方法があります。

 

胎盤そのものをカプセルに含有させるわけにはいきません。
動物の胎盤が原材料となっている以上、消毒が滅菌は必要不可欠となりいくつかの工程を経て、プラセンタサプリへと変化します。
そこでまず第一段階として、胎盤から有効成分を抽出する方法が決め手となります。

 

各メーカーで異なる工程もありますが大まかにはまずは採取した胎盤を洗浄して滅菌します。
そしてその多くは冷凍された状態で工場に運ばれます。
胎盤の鮮度を落とさないようにするために冷凍されます。

 

工場ではまず胎盤の不要となっている部分を取り除き、胎盤から液体へと形を変化させます。
ここで液体へと変化するために関係してくるのが抽出方法です。

 

プラセンタの抽出方法は酵素分解法がおすすめ

胎盤にある栄養素をいかに壊さずにより多く抽出するかが重要になってきます。
栄養素は熱によって壊れやすいため、熱処理を行うと栄養素が壊れてしまい、結果有効な成分が残らずに品質としても低いものになってしまいます。
そこで少しでも熱に頼らない抽出方法としていくつかの抽出方法があります。

 

それぞれの抽出方法でメリットデメリットがありますが、品質に深く関係するということで最も良しとされている抽出方法が「酵素分解法」です。
熱の代わりに酵素の力で余分な成分を分解していく方法です。
結果プラセンタの有効成分が抽出できる方法として認められています。
しかしこの方法はコストがかかってしまうため割高になってしまいます。

 

もう一つ注目されている抽出方法に「ラエンネック製法」があります。
いわゆる「分子分画法」のことをいいます。
特殊なフィルターを使い、有効成分を壊さずに抽出できるといわれ、プラス壊れやすい成長因子(グロースファクター)を壊さずに抽出できるといわれています。
プラセンタ注射に使用されるラエンネックを作るために日本生物製剤が開発した方法で、ラエンネック製法ともいわれています。

 


 

そしてプラセンタエキスが完成します。
このプラセンタエキスをカプセルに詰めてサプリにするものもありますが、加工されてドリンクや美容液などになります。
プラセンタエキスから水分を取り除いた粉末がプラセンタ原末となります。

 

プラセンタエキスになったらフリーズドライ製法で高品質プラセンタ原末へ

プラセンタエキスには余分な水分や不純物がまだ含まれています。
そのためそれらを取り除かなければなりません。

 

そこでポイントとなる方法は「フリーズ製法」です。
名前の通りマイナス30℃にプラセンタエキスを凍らせてあと、真空状態にして一気に乾燥させる方法です。
この方法だと加熱することがないので、有効成分を確実に残すことが可能となっています。
ですがこちらもやはりコストが高くなっています。

 

ですがもう一つの方法「スプレードライ製法」は、プラセンタエキスに高温の気体を吹き付けて乾燥させる方法です。
つまり先に述べた熱に弱いプラセンタの有効成分が、気体の高い温度に壊されてしまうのです。
また製造過程の中で「デキストリン」という希釈剤を使うため純度100%というわけにはいかなくなってしまいます。
希釈剤によって純度を薄めたり、調節をすることができるので低コストの低品質のものが多いとされます。

 

見分けるポイントとして商品の表示に「スプレードライ製法」や「デキストリン」と記載がある場合は純度が低いものだと判断してください。

 

プラセンタランキング上位のサプリのほとんどは純度100%なの?

当サイトの馬プラセンタランキング1位2位3位ともに酵素分解法&フリーズドライ製法のサプリとなっています。
やはりこの2つの抽出方法で製造しなければ、高品質のプラセンタ作成は不可能なのかもしれません。

 

⇒馬プラセンタランキングはこちら

 

Tp200公式ページはこちら

トップページ ランキング おすすめサプリ