プラセンタ成分が摂取できる4種類はこれ!

先にも述べたようにプラセンタとは動物の胎盤を原材料にして、栄養成分を抽出したものをいいます
この原材料となる動物が変わることで、いくつかの種類にプラセンタが分かれます。
そのプラセンタの種類は4種類

 

  • 人間

 

この4種類の動物の胎盤が原材料となっています。
そして種類によってプラセンタそれぞれの特性が変わってきます。

 

今回はそのプラセンタの特性を表でまとめてみました。

 

人間

摂取方法

注射

サプリ

ドリンク

化粧品

サプリ

ドリンク

化粧品

サプリ

ドリンク

安全性

価格

即効性

品質

商品の数

×

 

摂取方法

摂取方法は、体内や体外にプラセンタ成分を取り込む方法ですが原材料によって少し異なります。

プラセンタの摂取方法

人間の胎盤が原材料となっているヒトプラセンタは注射として扱われています。
他の方法はなく、プラセンタ唯一の医薬品です。
そのためプラセンタ注射を接種するためには、クリニックや医療機関への通院が必要となります。

 

豚や馬・羊に関してはサプリが圧倒的に商品数としても豊富にあります。
他にはドリンクや粉末・タブレットやゼリーもあります。

 

肌に直接つけることができる美容液や化粧品もあります。

 

安全性

やはり安全性において、注目すべき点は原材料となっている胎盤という臓器です。
今現在大きな感染症などの事例は報告されていませんが、そのリスクが否定できるというわけではないため、安全性の高い原材料を選ぶ必要があります。

 

人間の胎盤が原材料の場合は、特に感染症などのリスクが否定できないと厚生省が通達を出しました。
そのため、プラセンタ注射を摂取してしまうと献血することができないというデメリットがあります。

 

豚の場合はプラセンタ注射とは違い、原材料そのものの安全性が不安視されています。
それは豚の飼育方法に関係があり、ワクチンや薬が投与されている豚の臓器となるため安全性が気になるところです。
また多頭飼育をする豚は、1つの場所に多数の豚が飼育されていることになるので、感染症などの心配があり、ワクチンや薬の投与が必要となるのです。

 

SPF豚は通常の豚よりも安全性が高いといわれています。
SPF豚とは豚自身の健康に悪影響を与える指定の病気が存在しない豚のことをいいます。
徹底した管理のもとで飼育された豚は、安心・安全であると日本SPF協会が認めた豚のことです。

 

羊の場合は人間と同じ組織構造をしているため拒否反応も少なく、また羊自身も病気に強いためワクチンなどの接種がされていません。
しかし牛と同じようにスクレイピー(伝達性海綿状脳症)を発症する懸念があり、安全面の不安も全くないとはいいきれません。

 

馬の場合は豚とは異なり安全性が高いと評判です。

馬プラセンタが安全性高い

馬の体温そのものが高いため寄生虫が付きにくい体質で、ワクチンなどを受け付けないのでその胎盤は安全性が高いといわれています。
また放牧や豚のように大きな小屋で多頭飼いする飼育方法ではないため、感染症の心配は低いとされています。
特にサラブレッドの場合は、より安全性が確かなものになっています。

 

徹底した飼育管理

サラブレッド

一般の馬または食用馬

1頭1頭の馬舎で丁寧に飼育される パイプの仕切りはあるが、1つの大きな馬舎で飼育される
獣医や調教師が常駐しているため、健康状態を考慮できる 常駐獣医がいないため、対応に遅れもでる
出産後、すぐに胎盤を回収するため衛生管理が安心 出産後、胎盤回収が遅れ、数時間放置されることもあり衛生管理に不安
血統がしっかりしている 血統が不明

 

価格

それぞれの価格は購入する人のお財布事情にもよりますが、プラセンタ注射の場合はクリニックや医院での接種になり、しかも1か月で考えると2回〜3回ほど摂取しなくてはなりません。
すると金額としては高額になるでしょう。

 

羊プラセンタの場合は、現在日本での羊を使用したものを生産することが禁じられているため海外からの輸入になってしまうため、どうしても値段が高くなってしまいます。
馬の胎盤は、出産回数が少ないため希少価値が高く、価格が高めになってしまいますが、最近では価格が手ごろなものも増えてきています。
価格だけでみていくと豚プラセンタが1番手ごろな価格といえます。
原材料となる豚の胎盤の入手のしやすさが価格と深く関係しています。

 

即効性

即効性は、やはりサプリやドリンクよりは、直接接種するプラセンタ注射が早いでしょう。
血液に乗って体の隅々へ運ばれるのですから、効果を感じやすいといえます。

 

サプリとドリンクを比べると、ドリンクのほうが液体である分少し浸透率は早いでしょう。
サプリは飲んですぐに期待できるかというと、すぐではなく日々の継続が必要となります。
よって愛用している方の中では、サプリとドリンクを併用している人も少なくありません。

 

注射の場合は即効性がありますが、効果の効き目も長期間ではないため、適度な接種が必要であり、サプリの場合は効果を感じるまで時間はかかりますが継続することで効果も同じように継続されます。

 

品質

プラセンタ成分の品質は、人間や馬・羊においては原材料となる胎盤に栄養素がしっかり残っているため高い品質といわれています。

馬プラセンタが高品質と評判

 

しかし豚の胎盤は、栄養成分がほとんど残っていないとされています。
豚の出産は1年に2〜3回とされ、そのとき複数頭の子豚を出産します。
そのことにより豚の胎盤は薄く膜のような状態で、栄養成分が残っていないといわれています。
よって品質で見ると悪いというわけではなく、少々劣ってしまうといった評価です。

 

その点馬の胎盤は1年に1回に出産で1頭しか出産しないので、胎盤も厚みがあるしっかりとしたものです。
栄養素が豊富に残っているため高品質と評判です。

 

商品の数

商品の数でみると圧倒的に豚と馬の種類が多く市場を占めています。
ヒトプラセンタの場合は注射液としてラエンネックやメルスモンの2種類が有名ですが、実際ヒトプラセンタのサプリもあります。
しかしそのサプリを個人的に入手することは困難で、病院によっては処方してくれるところもあるようですが、注射と同じように同意書が必要となります。

 

先に述べたように、羊プラセンタも海外からの輸入に頼っている現状のため、商品の数でみるとさほど多くはないでしょう。

 

豚と馬のプラセンタについては安定的に入手できるということもあり、商品数は多いといえます。
豚プラセンタは安価に入手することが出来るためサプリをはじめ、美容液や粉末、化粧品などにも含まれているためその商品数は多数あります。
サプリについていうと、人気がある馬プラセンタは豚プラセンタに負けないぐらいの商品数があります。
どこのメーカも改良を重ねて品質向上を図っています。

 

4種類から選ぶならやっぱり人気の馬プラセンタサプリでしょ!

上記の表から見ても、総合的に見て馬プラセンタサプリが1番人気でおすすめといえます。

 

馬プラセンタが人気1番でおすすめ

多くの人が愛用している馬プラセンタ成分ですが愛用者が多いということはそれだけプラセンタ効果を感じることに期待ができるということではないでしょうか?
個人差があるため一概に馬プラセンタサプリが絶対とは言い切ることはできません。
またサプリとドリンクでは購入する人の好みにもよりますが おすすめはサプリです。

 

⇒プラセンタサプリとドリンクの違いについてはこちら

 

どんなサプリも自分に合ったものを見つけ、継続して飲むことが結果プラスにつながるでしょう。
当サイトでは馬プラセンタサプリをおすすめします。
若返りをはじめとする美容や体の内側から元気にするなど期待できるからです。

 

⇒馬プラセンタランキングはこちら

 

 

Tp200公式ページはこちら