4種類プラセンタ選ぶ人気馬

MENU

プラセンタ成分が摂取できる4種類はこれ!

先にも述べたようにプラセンタとは動物の胎盤が原材料となって、栄養成分を抽出したものをいいます
この原材料となる動物が変わることでいくつかの種類にプラセンタが分かれます。
そのプラセンタの種類は4種類

 

  • 人間

 

この4種類の動物の胎盤が原材料となっています。
そして種類によってプラセンタそれぞれの特性が変わってきます。

 

今回はそのプラセンタの特性を表でまとめてみました。

 

人間

摂取方法

注射

サプリ

ドリンク

化粧品

サプリ

ドリンク

化粧品

サプリ

ドリンク

安全性

価格

即効性

品質

商品の数

×

 

摂取方法

摂取方法は体内や体外にプラセンタ成分を取り込む方法ですが原材料によって少し異なります。
人間の胎盤が原材料となっているヒトプラセンタは注射として扱われています。
他の方法はありません。
豚や馬・羊に関してはサプリが圧倒的に商品数としても豊富にあるといえます。

 

安全性

やはり安全性は注目すべき点で原材料となっているものは胎盤という臓器です。
よってリスクを否定できないような原材料は安全に欠けるといえます。
人間の場合は感染症などの心配もありリスクが否定できません。
よってプラセンタ注射を摂取してしまうと献血ができなくなってしまうと厚生省から通達が出されています。
豚の場合はプラセンタ注射とは違い、原材料そのものの安全性が不安視されています。
それは豚の飼育方法に関係があり、ワクチンや薬が投与されている豚の臓器となるため安全性が気になるところです。
羊や馬の場合は豚とは異なり安全性が高いと評判です。
特に馬の場合は安全性での評価が最も高く安全性で選ぶなら絶対馬がおすすめです。

 

価格

それぞれの価格は購入する人のお財布事情にもよりますがプラセンタ注射の場合はクリニックや医院での接種になり、しかも1か月で考えると2回ほど摂取しなくてはなりません。
すると金額としては高額になるでしょう。
羊プラセンタの場合は現在日本での羊を使用したものを生産することが禁じられています。
よって羊プラセンタは海外からの輸入になるのでどうしても値段が高くなってしまうのです。
馬の胎盤は希少価値が高いため少々価格が高めになってしまいますが最近では価格が手ごろなものも増えてきています。
価格だけで見ておすすめできるのは豚プラセンタです。
入手のしやすさからお手頃価格のものが多いといえるでしょう。

 

即効性

即効性を見るとやはりサプリやドリンクよりは直接接種する注射が早いでしょう。
血液に乗って体の隅々へ運ばれるのですからプラセンタ効果を感じやすいといえます。
サプリとドリンクを比べるとドリンクのほうが液体である分少し浸透率は早いでしょう。
ですがどちらも効果を感じるまでには時間がかかるためじっくり継続していく必要があります。

 

品質

プラセンタ成分の品質は人間・馬・羊の胎盤においては良いとされています。
しっかりと栄養成分が胎盤に残っているとされますが豚の胎盤においては栄養成分がほとんど残っていないとされています。
というのも豚の出産は1年に2〜3回とされ、そのとき複数頭の子豚を出産します。
そのことにより豚の胎盤は薄く膜のような状態になっているため栄養成分が残っていないといわれています。
よって品質で見ると悪いというわけではなく、少々劣ってしまうといった評価です。

 

商品の数

商品の数でみると圧倒的に豚と馬の種類が多く市場を占めています。
ヒトプラセンタの場合は現在2種類しか使用されていません。
また羊プラセンタも輸入に頼っている現状があり商品の数でみるとさほど多くはないでしょう。
豚と馬のプラセンタについては安定的に入手できるということもあり、商品数で言ったら多いといえます。

 

4種類から選ぶならやっぱり人気の馬プラセンタサプリでしょ!

上記の表から見ていくと総合的に見て馬プラセンタサプリが1番人気でおすすめといえます。
多くの人が愛用している馬プラセンタ成分ですが愛用者がおおいということはそれだけプラセンタ効果を感じることができると言い換えることができます。
ネット也市場でも本当に人気が高い馬プラセンタです。
サプリとドリンクでは購入する人の好みにもよりますが おすすめは馬プラセンタサプリです。

 

⇒プラセンタサプリとドリンクの違いについてはこちら

 

馬プラセンタサプリとしても数が多くあるのでその中で自分に合ったプラセンタサプリを見つけて飲み続けることによって若返りをはじめとするプラセンタ効果に期待が持てます。