プラセンタ効果に期待が持てるようになるには、何日必要?

プラセンタ効果を感じるためには日にちが必要になります。
その摂取方法によっては、すぐにプラセンタ効果を感じることができるものもあります。

プラセンタ注射おすすめしない

代表的に摂取方法は注射ですが、副作用やデメリットなどを考慮すると、医療機関で医師による治療方針の一つでない限り当サイトではおすすめしません。

 

当サイトがおすすめするプラセンタサプリは、安心安全で手軽にプラセンタ成分が摂取できるという点でおすすめしていますが、プラセンタ効果の感じ方は即効性ではなくゆっくり型といえるでしょう。
だからこそプラセンタサプリを毎日飲み続けることが、効果を感じるために必要なことだということは今までの記事の中でも紹介してきました。
でもどうしても人間は目標がないとなかなか継続することが難しい生き物でもあります。
ただ飲み続けるといわれても、ある程度どのくらいで効果に期待ができるのか知りたくなるものです。

 

そこで今回はどれだけの日数でプラセンタ効果を感じることができるのかについて紹介します。

 

はじめに、サプリを摂取して効果を感じることは個人差が必ずありますので、必ずその期間に期待できるというわけではありませんので、あくまでも参考にしましょう。

 

美白効果(シミを薄くまたはなくす)

3か月〜6か月(早い場合は1か月ごろから感じる場合もある)

エイジング

6か月〜1年

生理不順

2〜3か月目

疲労回復

2週間から1か月

更年期障害

6か月〜1年

肩こりや頭痛

1か月〜3か月

女性特有の体調不良

3か月〜6か月(症状によっても違いあり)

アレルギー症状

6か月〜1年

育毛効果

6か月〜1年

 

 

効果を感じるためには細胞の生まれ変わりが必要なの?

細胞の生まれ変わりというとなんだか大げさに感じるかもしれませんが、細胞の生まれ変わり=新陳代謝のことを言います。
私たち人間の細胞は常に新陳代謝を繰り返し、細胞を生まれ変わらせています。

細胞の生まれ変わりと効果の関係

よく女性は7の倍数、男性は6の倍数というのも、細胞の総入れ替えにかかる年数を示しているとされています。

 

新陳代謝が行われることで、体の病気やけがが修復されたりします。
もちろん肌の吹き出物やシミやくすみも新陳代謝(ターンオーバー)によって一掃することができているのです。

 

しかしこの新陳代謝は年齢とともに衰えていってしまいます。
これがいわゆる老化といわれる現象で、30代前後でこの老化現象を感じる人が多いと言われています。

 

老化現象と細胞の生まれ変わりには深い関係があるため、その老化現象に負けないようにしなければなりません。
負けない身体づくりは

  1. しっかり睡眠をとる
  2. 筋肉をつけて基礎代謝を上げる
  3. ストレスをためない
  4. バランスの取れた食事を摂る
  5. 必要な成分をサプリで摂取する

この5項目がポイントになります。

 

5番目のポイントであるサプリの一つがプラセンタサプリなのです。

 

どうしてプラセンタサプリには即効性がないの?

プラセンタサプリを飲み続ける期間が意外に多くて驚いている人もいるかもしれませんが、何度もお伝えしているようにプラセンタサプリには即効性はありません。
その理由は体内に流れるまでの時間がかかるからです。

 

サプリは水で飲みこむことで食堂を通過して胃に入り分解されます。
胃の中で分解はされますが、ほとんどがその先にある小腸也十二指腸までいき、その粘膜から吸収されていきます。
腸管の内側にある門脈より肝臓に運ばれます。
肝臓はサプリの栄養成分を血液に送り出し、全身へと運ばれていきます。

 

サプリの流れ

※中外製薬HPより引用

 

プラセンタ注射と比較すると、血液にすぐに入って全身に運ばれるからこそ即効性があるといえます。

 

またサプリはあくまでもサプリです。
医薬品である薬とは違うため、強い成分は入っていません。
治療薬ではなく、あくまでも足りないものを補足するためのサプリですので、症状として表れるのもはっきりとしたものではないようです。

 

それでも副作用がほとんどないとされるプラセンタサプリのほうが安心して継続できます

サプリは体調に合わせて調節できる

各メーカともに摂取量または目安量として記載がありますので、その用量を守って摂取していくことがおすすめです。

 

最初は少し多めに摂取したり、調子が悪い時葉減らすなどの調節ができるのもサプリのメリットといえます。

サプリは肝臓に良くないという意見もありますが、それは添加物が入っている粗悪なサプリのことを指します。
肝臓は添加物を分解するために過大な力が必要となります。
そのため肝臓に負担をかけてしまう添加物が入ったサプリを選んではだめです。
無添加であるかどうかをチェックしましょう。

 

Tp200公式ページはこちら

トップページ ランキング おすすめサプリ