プラセンタサプリとドリンク違う点

MENU

どこでプラセンタサプリとドリンク購入する?

プラセンタを摂取するためには、医療機関で摂取できる皮下注射や点滴以外に、サプリメントドリンクがあります。
最近はプラセンタサプリメントと同じようにプラセンタドリンクもドラッグストアなどで見かけます。
ですがたくさんの種類から選んでいきたい方はネットで見つけて購入することがおすすめです。
またネット購入の場合は定期購入などがあるため少しお得に購入出ることができたり、定期的に家に届くので買いに行く手間が省けるでしょう。
ネット販売においては馬をはじめとする豚、羊プラセンタのなかから自分に合ったものを見つけることができます。

 

実は店頭に並んでいる商品の場合、豚由来のものがほとんどです。
パッケージの裏などを見ると原材料名に豚プラセンタと記載されています。
なぜ豚プラセンタが原材料であるものが多いかというとその理由には安価で手に入る原材料であるという背景があります。
豚の胎盤は入手しやすいため価格を抑えて商品にすることが可能だからです。

 

ドリンクの場合はその多くがプラセンタ成分以外に美容成分などを配合しているものが商品として多くあります。
美容成分が配合されているという点からもドリンクは費用的にどうしても高くなってしまいます。
もちろん量もドリンクのほうが多いからという理由もあります。
ですが高い=効果があるというわけではありません。
ドリンクのほうが値段が高いから効果があるというわけではなく、ドリンクのほうが液体として体内に入ってくるので浸透率はいいかもしれません。

 

サプリメントとドリンク、どちらも効果としては同じような効果が得られますがこの2つにどのような違いがあるのかを比べてみたいと思います。

 

プラセンタサプリメントをおすすめするのはなぜ?

プラセンタサプリメントは、即効性はあまり期待できませんが継続して摂取することで効果が実感できます。
プラセンタの余分な水分などを飛ばしたプラセンタ粉末を使っているので濃度が高く、余分な成分が混ざっていないサプリメントであれば、プラセンタの効果をそのまま実感できます。
しかしそのままの粉末は苦く匂いも気になるので口にすることは難しいでしょう。
サプリメントには「馬」「豚」「羊」それぞれの由来のものによって、効果や価格などが変わるので、自分にあったプラセンタをも見つけ、持続して摂取できるものを選ぶことをお勧めします。

 

プラセンタサプリメントの配合量に関してですが、プラセンタの余分な水分などを飛ばして粉末にした、余計なものを一切含んでいない100%のプラセンタを「原末」と言います。
それらの原末はカプセルに入っているものがほとんどで、固いハードカプセルに入っているものと、やや柔らかいソフトカプセルと混ぜて形成した錠剤があります。
その中でもハードカプセルのタイプは匂い・味ともに閉じ込めるという利点があります。
プラセンタサプリのように粉末になったものを閉じ込めるサプリメントには適しているといえるでしょう。

 

そして、顆粒状・粒状にして飲みやすくするために賦形剤(増量剤、増粘剤)が加えられている可能性のあるものを「エキス末」・「純末」と言います。
基本的にサプリメントは、原末換算で配合量が表記してあることが多いので、含有量についてはドリンクよりも比較的正しい数値がわかりやすくなっています。

 

費用面でもプラセンタサプリの場合は1日1〜2カプセルなどを服用することが目安とされています。
そのため1か月単位の購入になることがほとんどですが、1日の費用計算でいくと100円以内から200円以内のサプリメントが主流です。
プラセンタ成分を摂取していくうえでプラセンタ注射をはじめドリンクや粉末の中で最も費用として低い金額に抑えることができるでしょう。
毎日継続していくことを考えるとプラセンタサプリがおすすめといえます。

 

プラセンタドリンクを毎日飲むのは困難?

プラセンタドリンクは、身体が疲れていてもこの日だけはいつもよりお肌のハリをよくして何とか乗り切りきりたい…なんていう日の前日などに摂取するのが効果的です。
ドリンクは即効性があり、プラセンタ以外の美容成分も入っているので他の美容成分の相乗効果もあり、次の日に肌のハリや化粧のノリなどの効果を実感できます。
ですがプラセンタドリンクは、一般的に1本数百円程度するので、効果を維持するために(症状にもよりますが)毎日飲み続けるには費用が高くなります。

 

プラセンタ自体の味は苦く匂いも独特なので、飲みやすくするために糖分や香料などを使用しています。
そのため、飲みやすいものもあれば、人工的な味がして飲みにくいものもあります。
また飲んだ後も瓶のごみが出るため手間といえば手間になるかもしれません。

 

プラセンタドリンクの商品の配合量に関してですが、原液換算やエキス換算(胎盤から有効成分を抽出した液体状のものを「原液」・「エキス」と言います)で配合量を表記しているドリンクで、水分や余分なものを含んでいるうえでの、エキス全体量のとても大きい数値が表記されている商品があります。
しかし、プラセンタのみの濃度は不明なので、かなりプラセンタ成分が薄めてある商品もあったりするようです。
基本は薄めてあると考えてしまうでしょうがそれが必ず霜デメリットというわけではありません。

 

ドリンクは水溶性のものなので、吸収はサプリメントより早いでしょう。
そのためプラセンタ効果として感じるのはドリンクのほうがおすすめかもしれません。
ですが美容効果のほうに偏り気味なドリンクが多いため健康効果にはさほど期待ができないかもしれません。

 

サプリとドリンクの違いを知っておすすめするのは?

このようにいくつかの2つの違いがあります。
どんなものにもメリットデメリットがあるように、サプリとドリンクにもあります。
それぞれの特長を考えていくとおすすめするのはプラセンタサプリとなります。
そして人気No.1プラセンタサプリを購入するならネットがおすすめです。

 

プラセンタ効果を感じるために必要なことは自分に合ったプラセンタを継続して摂取していくということです。
サプリでもドリンクでもその日のその時にという感じ方はできないでしょう。
そのため少し長い目で見なくてはなりません。
そうなるとお財布事情が継続のカギになりうるので、負担のない金額で継続が可能なほうがいいと思います。
すると自然とプラセンタサプリがおすすめということに納得ができるのではないでしょうか?

 

手間とコストを考えて毎日摂取するプラセンタはサプリメントにし、次の日にどうしても即効性のある効果が出したい日の前日にはドリンクを併用するなど、必要な用途に分けて摂取をすれば、よりよい効果が期待できるのではないでしょうか。
どちらにしても、やはり安全性の高い品質の良いものを選んで摂取することが、プラセンタの効果を一番実感できるのです。