成長因子とは何?

今、話題のプラセンタに含まれている成長因子
これはプラセンタの最大の特徴といえる成分の一つです。
ではその成長因子とは、どのようなものでしょうか?

 

成長因子がないプラセンタ

成長因子は、細胞増殖因子とも呼ばれており、胎盤が持つ偉大な力で、細胞を活発に働かせる因子です。
細胞を活発にさせることで新陳代謝(古い物が新しい物と入れ替わる)を活発にさせ、新しい細胞を次々とつくる効果があります。
身体の表面からではなく、身体の内側から変わる事が出来るので、美容や健康にとてもよい影響を与えているのです。

 

成長因子はいわゆる刺激剤として細胞分裂のスイッチをオンにする働きがあります。
胎盤に含まれる素晴らしい成長因子には、さまざまな種類があります!

 

上皮細胞増殖因子(EGF)
1962年にアメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士によって発見された成長因子の一つです。
お肌の表面にある細胞の成長と調整に重要な役目をする53個のアミノ酸と3つの分子内結合で作られるタンパク質からなっています。
表皮の充実、弾力、キメが整う、ターンオーバー新陳代謝を促す、皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞の増殖に期待ができます。
簡単に言えば、シミやくすみ、たるみなどのお肌のトラブル改善して、みずみずしい健康な肌へと導いてくれるということです。

 

繊維芽細胞増殖因子(FGF)
血管新生、創傷治癒、胚発生に関係している成長因子の一つ。
ヘパリン結合性タンパク質からなり広い範囲の細胞や組織の増殖や、分化の過程で重要な役割を果たしてます。
肌の弾力を保つ為に必要な、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす働きをします。
簡単に言えば、深いシワ、たるみを改善して、肌の透明感をアップしてくれます!

 

肝細胞増殖因子(HGF)
肝細胞の最も強力な増殖因子であり、肝臓以外の、腎臓、肺など多くの臓器で産生されています。
血管新生、抗アポトーシス、抗線維化作用などがあり、循環器系でも広く応用されています。
簡単に言えば、肝細胞などの細胞を増殖して、肝障害を改善、予防してくれます!

 

インスリン様成長因子(IGF)
インスリンと配列が高度に類似したポリペプチドです。
破損している細胞の再生を助ける役割をしていて、新しい皮膚を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進します。
簡単に言えば、シワの解消や予防をし、ハリや弾力をもたせてくれます。
また、関節痛を和らげ、育毛にも効果があります!

 

神経細胞増殖因子(NGF)
神経栄養因子の一つで、神経細胞の生存や神経線維の成長を促進します。
アルツハイマー型痴呆症にとても関連してて、その予防や治療への有効性を指摘されているタンパク質です。
簡単に言えば、自律神経、ホルモンバランスを整えて、更年期障害やうつの症状を改善します!

 

このように私たちの体の内側の細胞にはたらきかけることで、さまざまな効果を得ることに期待がもてるのです。
老化現象にもストップをかけてくれると美容面でも期待の声が高いです。
それぐらい私たち人間の最大のテーマ、老いにも打ち勝つぐらいのパワーを持っているのが成長因子という成分なのです。

 

成長因子が含まれていないプラセンタもあるの?

近年ではプラセンタブームにのり、様々なものが原材料となってプラセンタサプリとして登場しています。
現在市場で販売されているプラセンタサプリは

  • 豚プラセンタ
  • 馬プラセンタ
  • 羊プラセンタ
  • 植物性プラセンタ(メロンプラセンタ、薔薇プラセンタなど)
  • 海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)

 

この5種類のプラセンタサプリがありますが、この中ですべてのプラセンタサプリに成長因子があるわけではありません。

成長因子がないプラセンタ

というのも、成長因子はプラセンタの特権と書きましたが、言い換えれば動物の胎盤を原材料にしたプラセンタの特権と言い換えれるでしょう。
つまり植物性プラセンタや海洋性プラセンタは原材料が胎盤ではないため、成長因子はふくまれていません。
⇒植物性プラセンタについてはこちら

 

成長因子がないと体の細胞に働きかけることはできないので、健康効果といわれることに期待はできません。
プラセンタ効果に期待をするなら動物性プラセンタの馬プラセンタ・豚プラセンタ・羊プラセンタをおすすめします。
何よりも安全で自然派にこだわりたい人には植物性プラセンタや海洋性プラセンタをおすすめします。

 

Tp200公式ページはこちら